丘のうえ ひとつのくらし。


雪解けのスプウン谷も、いま、めっきり春めいて。

その後の村長、谷籠りでゲストハウスの「改」延々と。ひとりきり。
いっぽうでトマトの春作業がひたひたとせまること、 みているほうが心配で。
まあ、なるようになると根拠なく、しかし自信ありげに申します。。。

ご無沙汰しておりました。

しばらく前のことになりますが、
2013シーズンの暮らしのひとこまを絵本にしてくれました。


等身大のみんな。
農村的、ザワザワ風景。

みごとに切りとる、ドッキリよろしくその忍び寄る一瞬は。
知らぬ間の、まるでイリュージョン。。。

ゆきさん。
ザワザワ暮らしにかかせない、「きおくをきろくする係り」。

2013
丘のうえ ひとつの暮らし。「ザワザワ農園」より。

 

| 日常 | 20:03 | - | - | pookmark |
絵本の中の星空に。


フェルトの絵本。

こどものココロが描いた、ザワザワ村の冬の情景。


凍てついた空気は、どこまでも透明で。

宇宙にまで、いまにも手が届きそう。



美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>


| 日常 | 21:00 | - | - | pookmark |
バースデイ。


ザワザワ娘さんたち、バースデイカードありがとう。

みんなからのお便りで、そう、がんばれる。

それにしても、そんなに飲むかね。。。



美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>


| 日常 | 20:39 | - | - | pookmark |
ギッコンバッタン。


きょうはゲストルームのドア、やってます。

イギリスのステンドグラスがいろいろ手に入ったので、

ギッコンバッタン。お部屋ごとにリフォーム中。

・・・お楽しみに。



美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>


| 日常 | 20:42 | - | - | pookmark |
2014春の開村日。


北海道のこどもたちも学校が始まりました。
村ではゲストルームのデザインリフォームがはじまっています。

零下15度の中、作業場の村長は髭も頭もまっ白く、凍結しています。
毎年のことで慣れちゃったんでしょうか。
「そりゃ、さむいよ。」
って言いますけれど。。。

さてさて。
昨年も、増してたくさんのお客さまにおいでいただきました。
ほんとうに、ありがとうございました。
ことしも心づくしでお迎えできるよう、心待ちに準備しています。

春の開村日がきまりました。

「4月25日(金)」です。

そこからはグリーンシーズン無休でお迎えさせていただく予定です。
ご予約は3か月前からお電話でどうぞ。

・・・
この冬は、いまのところ雪も気温も平年なみ。
このごろは春の訪れが遅れがちでしたが、
すこし早めにあったかくなるといいですね。

それでは。
ようこそ北海道へ。ようこそ丘のまちへ。
ザワザワ村でお待ちしております。
迎人



美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>




| 日常 | 08:20 | - | - | pookmark |
2014 KAZOKU。
 
あけましておめでとうございます。


今年はボクが主役です。
ここへきてもう6年目になります。

最初は、村長夫婦2人だけのはじまりでしたが、
それからお手伝いさんがきて、一緒に暮らすスタッフさんが入り、
ボクら動物たちもふえ、やがてザワザワ農場がはじまり。。

そう、KAZOKU。
知らないあいだに、すこしずつ、
村のつながり、家族がふえてきました。

わざわざ遠くからおいでのお客さまに。
それのみ見つめて、なにができるのか、なにをやりたいか。
そんないちにち、いちにちは何ひとつかわらない。。。


たとえば毎日10人のゲストを迎えるために、5haの農場と、
7人のスタッフと3人の子供たち、そしてボクら動物たちが暮らしています。

暮らしの中に来てもらう、
そんな田舎ホテルがあってもいいじゃない。
・・・造りモノじゃない、ある意味、本物のドキュメント。

今年も、家族みんなで、みなさまのお越しをお待ちしています。



美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>


| 日常 | 11:26 | - | - | pookmark |
2013 功労賞。


今年、もっとも功労賞をあげたいとなれば。

「ザワザワダッシュ号」。

ごほうびに、このたび幌馬車風にバージョン2.0!



あきらかに「夕陽のガンマン」にカブれすぎと思われ。。。




美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>




| 日常 | 10:37 | - | - | pookmark |
寒中お見舞い。


・・には、ちょっと早いですが。

ここ美瑛の気温は、はや内地の真冬レベルに達しています。
きょうはひさびさのプラス気温でしたけれど、
すでに11月末にはメリハリの利いたスノウシーズンが訪れ。。

ずいぶんとご無沙汰の、この徒然となりました。

11月になって遅すぎる薪割りに追われるなど、こちらへ来て初めて。
おかげでみなさまの知らぬ間に、
松井選手なみのヘッドスピードを体得いたしました。
だからひっそり、村民栄誉賞。

これでようやく冬備えも一段落。

そんな折も折。
村の流星号にあてて東京から、ほっとする一通の絵葉書が届きました。
夏のお勤めを終えたスタッフから。


・・都会から田舎へと、想いをつないだ「流れ星」。



美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>





| 日常 | 18:17 | - | - | pookmark |
アイドル。

おねえさんたちのアイドル。
TOUCH。

たんじょうび、おめでとう。
 

みんなで、よろこんでる。
そんな空気をつぎへ伝えてほしいと思った。。。



美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>

| 日常 | 20:34 | - | - | pookmark |
あなたたちで良かった。

ありがとう。

小さくて、一所懸命。
生きることが。趣味なのかも知れません。
都会にいたあの頃、こんなような生き方をたぶん望んでいたのだと。

今年のスタッフみんなは。

この村の成り立ちや労苦を深く感じようとし。
仕事も、あそびも、迷いがなく。

ゲストとの大きな接点となっている「価値観」を。
きちんと自分のものにして。
そこで運動神経がつながっている。

そんな行間の読めるセンスが、そもそもそなわり。

フィロソフィカルな人、ピュアな人、シャープな人。。。
ミスティグリーンの自転車とハットが高度によく似合う。
私にすれば、いとおもしろき明朗快活の3人娘。

あなたたちで良かった。。。


美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>

| 日常 | 20:04 | - | - | pookmark |
<< | 2/23PAGES | >>