<< 燃える男の。 | main | 待ってろよお! >>
爆発物処理班。

ごぶさたです、
じつにこの10日間、全力の誘引作業がその生長に追いつかなくて。
そう、写真におさめるヒマもないほど。ホント。

トマトの樹は、その早きこと、ジャックと豆の木。
もう、とっくに背丈を超えちゃって。
おかげで、収穫まで秒読みとなりました。


倒伏したトマトの茎葉を知恵の輪のようにほどいては、
脇芽だけをパズルよろしく、パチン。

実を落とさず、花芽を傷つけず。
そろ〜り、ソロリ。3000本のくりかえし。
それはそれは、無間地獄の神経戦。

したたる汗を拭うも許されず。。。

これって、そう、ダイ・ハード的、「爆発物処理班」。


「まだあ?」
「なん時に終わるう?」
って、あそびざかりの現場監督に、とっても気が散る。。。

あ、ほら、また「ドッカーン!」

・・・良い子はマネしないでね。


美瑛の丘のまん中で。「スプウン谷のザワザワ村」>>



| 日常 | 19:56 | - | - | pookmark |